はいくる

「淋しい狩人」 宮部みゆき

こんなブログまで開設しているのですから今さら言うまでもありませんが、私は読書が好きです。一番好きなのはミステリーですが、基本的にホラー、恋愛、SF、ヒューマンドラマと何でもござれですし、エッセイや児童文学にも手を出します。親に聞いてみると、昔から本さえ与えておけば何時間でも大人しくしている子どもだったようですね。

そんな私が大好きな場所、それが本屋です。最近、大型書店はどんどん綺麗になり、店内に立派なテーブルやソファを設置して購入前の本を読めるようにしてあったり、併設のカフェからなら飲食物を持ち込めたりするような店も多いです。そういう店ももちろん好きですが、昔ながらの小さな本屋さん、街角にひっそりあるような古本屋さんも大好きですよ。そんな愛すべき本屋を扱った作品といえばこれ。ありとあらゆるジャンルの小説を手がけ、無類のゲーム好きとしても知られる宮部みゆきさん『淋しい狩人』です。

スポンサーリンク

結婚式の引き出物の本に書かれていた不気味な文字、亡父が遺したまったく同じ三〇二冊もの本、家の建て替え工事中に見つかった防空壕と遺体、古本屋で万引きを行う訳ありの少年・・・・・東京の下町で古本屋を切り盛りする老人・岩永(通称イワさん)と孫の稔が見た様々な事件の行方は如何に?本にまつわる様々な人間模様と、その裏に隠された謎を描く連作短編小説集。

 

頑固ながら人情味溢れる祖父・イワさんと、そんな祖父を時々おちょくりつつ慕う孫・稔の関係がすごく良い!もともと「お年寄りとティーンエイジャー」という組み合わせが大好きな私のツボにハマるコンビでした。腕力も権力も持たない老人と少年が、経験と機転とフットワークの軽さで事件を解決する・・・その設定だけでワクワクします。宮部みゆきさんは、少年少女キャラを魅力的に描くことに定評がありますが、本作はおじいちゃんキャラも負けず劣らず素敵です。

 

収録されている話は全部で六つ。導入部分自体は身近なものの、明らかになる真実は殺人・児童虐待・横領など、深刻なものが多いです。中には関係者がすでに死んでいたり、数十年前の出来事が絡んでいたりと、「謎が解けて完全解決!」とはいかない話もあります。普通なら後味が悪いばかりで終わりそうなところを、宮部みゆきさんらしい優しい語り口と、心温まる祖父と孫のやり取りによって救われます。

 

作中で起こる事件そのものは一話完結型ですが、それとは別に、稔の恋愛騒動も描かれます。高校生の稔の恋のお相手は、水商売で生計を立てる年上の女性。当然、イワさんをはじめ稔の家族は仰天し、円満だったジジマゴの中もぎくしゃくし始めます。ここで単純に「理解ある祖父が若者の恋を応援する」などという展開にしないところが、この作者の侮れない点ですね。恋の顛末については触れないでおきますが、イワさんが稔の恋人の女性に向けて語る言葉がとても良かったことだけは記載しておきます。

 

宮部みゆきさんの短編集といえば、『ステップファザー・ステップ』『心とろかすような マサの事件簿』『本所深川ふしぎ草紙』などが有名ですが、この作品も間違いなく良作の一つだと思います。こんなチャーミングなおじいさんと孫がいる古本屋が近所にあれば、毎日通うんだけどなぁ。

 

本を大事にする人って良いよね度★★★★☆

お年寄りと少年って侮れない度★★★☆☆

 

こんな人におすすめ

本をテーマにしたミステリーが読みたい人

スポンサーリンク

コメント

  1. しんくん より:

    宮部みゆきさんの短編ミステリーですね。短編でも登場人物たちの深い人生背景や事件の複雑な事情がありそうですが楽しめそうです。

    1. ライオンまる より:

      本好きの心をくすぐる一冊でした。
      どの話でも「本」がキーワードになっていて、本筋への絡め方がこれまた巧いんです。
      昔、町の古本屋巡りが楽しくて仕方なかったことを思い出しました。

コメントを残す


CAPTCHA