はいくる

「紫のアリス」 柴田よしき

皆さんはどんな童話が好きですか?「白雪姫」「赤ずきん」「ヘンゼルとグレーテル」etcetc。私も子どもの頃、図書館から何冊も童話を借りてきては、夢中になって読みました。

でも、童話って、けっこう残酷な要素が多いですよね。最近は、童話の持つグロテスクな部分をクローズアップした作品も多く、ハマる大人も多いようです。今日は、童話の不気味さをテーマにした作品として、柴田よしきさんの初期の名作、「紫のアリス」を紹介します。

スポンサーリンク

不倫関係に疲れ果て、男と職場を手放したヒロイン。ところが、会社を辞めたまさにその夜、男の変死体と「不思議の国のアリス」のウサギを目撃してしまう。さらに元不倫相手が謎の転落死を遂げ、手元には「不思議の国のアリス」にちなんだ不可解なメッセージが届き始める。一体誰が何のために?周囲で相次ぐ不審死と「不思議の国のアリス」は何の関係があるのか?相次ぐ謎に翻弄されるヒロインを待ち受ける真相とは・・・・・

 

冒頭に登場するウサギをはじめ、帽子屋にお茶会といった「不思議の国のアリス」のキーワードが満ち溢れた本作。童話の持つ不条理さやグロテスクさが徐々に現実を侵食していく過程はとてもスリリングで、読みながらハラハラしてしまいました。

思えば「不思議の国のアリス」自体、ヒロイン・アリスの夢オチという結末で、童話の中でもちょっと異色ですよね。本作では、「情緒不安定で記憶が曖昧なヒロイン」という設定を付け足すことにより、「不思議の国のアリス」に通じるミステリアスな雰囲気を出しています。

モチーフとなっているのが「不思議の国のアリス」というだけあって、本作の登場人物も個性派揃い。一癖も二癖もありそうなヒロインや女友達はもちろんのこと、ヒロインが引っ越し先で知り合う老婦人とその仲間たちがとても印象的でした。ちょっとした会話の端々から、老人独特の明るさ、無邪気さ、諦念、妄執などが透けて見えるようで、改めて作者の筆力の高さを実感できます。

また、主軸となる殺人事件だけでなく、高齢者の抱える人間関係や病気治療、詐欺といった問題もきっちり描写されています。これが決して蛇足にならず、ちゃんとメインテーマの謎に絡んでいる辺り、さすがと言わざるをえませんね。こうした現実的な部分と、「不思議の国のアリス」の幻想的な部分が上手くマッチし、作品の魅力を高めていました。

夢と現実が交錯するストーリーの性質上、トリック重視のロジカルなミステリが好きな読者には物足りないかもしれません。ですが、童話独特の不穏な空気が好きな方なら、きっと気に入ると思います。読了後、「不思議の国のアリス」を読みたくなるでしょう。

 

記憶って当てにならない度★★★☆☆

童話はけっこう残酷だよね度★★★★☆

 

こんな人におすすめ

・童話をモチーフにしたミステリーがすきな人

スポンサーリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA