はいくる

「結婚案内ミステリー風」 赤川次郎

<婚活>という言葉が一般的になったのは最近の話ですが、結婚に向けた色々な活動は、ずっと昔から存在していました。この手の活動で一番古いものは、恐らくお見合い。ですが、お見合いでは家族や仕事など、どこかで繋がりのある相手としか出会えません。そこで台頭してきたのが、結婚相談所です。相談所を介することで本来なら接点のなかった相手と知り合えること、家族や仕事絡みの義理がないので気楽なことがメリットとして挙げられるようですね。

私が今まで読んだ小説の中には、結婚相談所が登場するものもいくつかありました。例えば朝比奈あすかさんの『人生のピース』や平安寿子さんの『幸せ嫌い』、以前このブログでも紹介した、秋吉理香子さんの『婚活中毒』などなど。他にはどんな作品があったかなと考えた時、二十年以上前に読んだ小説にも結婚相談所が出てきたことを思い出しました。それがこれ、赤川次郎さん『結婚案内ミステリー風』です。

 

こんな人におすすめ

結婚にまつわるユーモアミステリーが読みたい人

スポンサーリンク

しっかり者で勝気な紘子と、冴えないが人は好い深田所長。社員二人の結婚相談所<ブライダル・コンサルト>は事件がいっぱい。一緒に死んでくれる相手を求める女性の真意、一切の肉体的接触を持たず結婚したいという修道女、初恋の女性がもたらす予想外の災難、休暇をもらうため結婚しようとするアイドル歌手、息子の結婚相手を探す婦人の秘密、二人同時にお見合いをセッティングしてほしいと願う親子の謎・・・・・結婚相談所を舞台に繰り広げられる、奇想天外ミステリー

 

行動力ある美人と、風采は上がらないがお人好しの中年男という、赤川ワールドではお馴染みのキャラクターが出てきます。本作の特徴は、舞台が結婚相談所なだけあり、<結婚>に焦点が当てられているところでしょう。おまけに刊行されたのが一九八〇年のため、インターネットもスマートフォンもSNSもなし。連絡は固定電話か公衆電話、相手の顔を知るには写真か直接会うかしかない時代の婚活ミステリーは、現代のものとはまた趣が異なって面白かったです。

 

「心中志願」・・・新規会員・貴子の異性に対する希望は<一緒に死んでくれる人>。貴子が大真面目だと知った紘子は、ひとまず彼女を登録歴の長い御曹司・松谷に紹介する。後日、お見合いは決行されたが、なんと貴子は松谷と一緒に入水自殺を試みる!おまけに家族によると、貴子には三度の自殺未遂経験があるそうで・・・・・

第一話からインパクト抜群のエピソードでした。<頭と足をフル回転して事件を推理する紘子><そんな紘子をごにょごにょ言いつつ頼る深田>という主人公コンビの役割がはっきり分かります。でも私は、事件そのものより、仕事できそうな紘子が深田の結婚相談所に就職した理由が<入る職場が次々に倒産し、自分が疫病神なのかと思ったが、ここなら他の従業員は深田一人なので迷惑かける割合も少ないだろう>というところにウケました。

 

「純潔志願」・・・肉体的接触を持たないことを前提に結婚したいと願う修道女・恒子。彼女は資産家の一族なのだが、相続の条件は指定された年齢までに結婚していることなのだという。相続手続き後すぐに離婚するつもりらしく、悩んだ紘子は元恋人の冬木に事情を話して協力してもらうことにするが・・・・

修道女はキリストの花嫁だと知り、「重婚で訴えられたらどうしよう」と不安がる深田に笑っちゃいます。これに限らず、深田と紘子のやり取りってテンポが良くて遠慮がないから、読んでいて楽しいんですよ。おかげで、遺産相続や横領といった生臭い話題が出てきても、暗い気分になりません。元カレの冬木さんは、てっきり紘子と絡む準レギュラーになるかと思いきや、ああいうことになるとはね。

 

「面影志願」・・・<ブライダル・コンサルト>を訪れた清楚な女性・百合香。深田にとって初恋の相手である彼女は、女癖の悪い夫から家を追い出されそうになっているらしい。しかし、紘子が後に知り合った刑事によると、百合香の方にこそ夫を殺害しようとしている疑惑があるそうで・・・・・

基本的に紘子中心で進む本作の中、唯一、深田に焦点が当たったエピソードです。百合香のような儚げな人妻が出てきた場合、事件には必ず裏があるというのがミステリーのお約束。この話でも、各々の打算と欲望が入り乱れ、さながら火曜サスペンス劇場のようなドラマが展開されます。でも、ここで百合香を見捨てられない深田だからこそ、紘子も文句言いつつ面倒見ちゃうんだろうなぁ。

 

「決闘志願」・・・入会を希望する青年・三好の願いは、人気アイドルの秋ひろみと結婚すること。冷やかしかと追い返す深田だが、間もなく、なんと本物の秋ひろみが入会しにやって来る。多忙すぎるひろみは、新婚旅行名目の休みを取るため結婚したいと告げ・・・

華やかに活躍するアイドルが、実は過密スケジュールで疲労困憊という、現代の芸能界事情にも通じるエピソードです。まだ若いひろみが、プロダクションの従業員全員の生活を支えているだなんて、凄いを通り越してなんだか哀れ・・・本人の明るくあっけらかんとした態度が救いです。今後に希望が持てそうだし、彼女の恋が成就するといいですね。

 

「幽霊志願」・・・ロールスロイスでやって来た女性・恭子は、息子の結婚相手を探すため入会すると告げる。それも、本人不在のまま母親一人で手続きをするとのこと。不審に思いつつ秋子という女性とのお見合いをセッティングするが、秋子はそのまま行方をくらませてしまい・・・・・

<裕福だが訳ありそうな婦人>だの<いつまで経っても現れない息子本人>だの<関根邸を訪れたまま行方知れずになったお見合い相手>だの、どことなくホラーの雰囲気漂うエピソード。前半だけ見るといかにも母親が怪しげなのですが果たして・・・?こういう不気味なムード、大好きなんですよ。ちなみにこの話のみ、過去にドラマ・映画化されてます。やっぱり一番画面映えするからでしょうか。

 

「断絶志願」・・・秋野治夫・久夫親子の希望は、二人同時にお見合いすること。そんな無茶なと悩む最中、タイミング良く北原弓子・常子という親子が一緒に結婚相手を探したいとやって来る。早速お見合いが行われるが、後日、秋野治夫が紘子に会いに来て・・・

親が子どもの結婚相手を探すというのはよくある話ですが、<親子で同時にお見合いする>という展開はかなりユニークなんじゃないでしょうか。話が進むにつれ、紘子が段々と紳士な治夫に惹かれていくところは、普段しゃきしゃきした彼女の可愛い部分が垣間見えてドキドキ。治夫の容貌を例えるのにシャルル・ボワイエが出てくる辺り、時代を感じますね。

 

かなり古い作品なので置いてある図書館も少ないかもしれませんが、どうにか探して再読したくなりました。あと、「幽霊志願」の映像版もできれば見てみたいですね。なんでも、映画版の準主役は若き日の渡辺謙さんなのだとか。どんな作品になっているのか、かなり気になります。

 

いつの時代も結婚するのは楽じゃない!度★★★★☆

紘子、犯人に狙われ過ぎ・・・度★★★★★

スポンサーリンク

コメント

  1. しんくん より:

    20年前でも婚活の事情やお互いの心理やお見合いの様々なエピソードは大まかなことは今と変わらない印象を受けます。
    赤川次郎さんは未読でした。
    「婚活中毒」に似ているようで面白そうです。図書館で探してみます。
    最近は昔の作品を読むのも面白くなってきました。

    1. ライオンまる より:

      赤川次郎さんの魅力は、何といってもその読みやすさ。
      かなり深刻なテーマの作品もあるんですが、不思議とすいすい読めちゃいます。
      本作は結婚に関する悲喜こもごもということで、現代にも通じる部分が多々ありました。
      調べたところ、市内の図書館に蔵書がなく、読みたいなら購入リクエストをしなくてはならないのですが、臨時休館が続いて
      いるので手続きできません(汗)
      そろそろ図書館不足で禁断症状が出そうです・・・

  2. しんくん より:

    大変面白かったです。1980年に連載された作品で映像化もされたのですね。
    今と違い殆どの人が結婚している時代でも携帯が無い以外は、婚活事情は今と変わらない~そんな感じが伝わってくるほど時代による違和感が無かったです。寺沢紘子の就職した理由や事件に巻き込まれて行く過程なども面白く是非とも映像化を観たくなりました。赤川次郎さんの他の作品が読みたくなりました。こちらでもとうとう図書館が閉館になりました。地域によっては開いているので借りれるだけ借りる予定で赤川次郎さんも何冊か借りて来ようと思います。お薦めがあるなら教えて頂くと嬉しいです。
    大変な時期ですが、どうかお気を付けて。

    1. ライオンまる より:

      楽しく読んでもらえて何よりです♪
      赤川次郎さんは小学生の頃から読み始めました。
      さらりと読めるミステリーなら「三姉妹探偵団シリーズ」「死者の学園祭」、濃密なサスペンスなら「マリオネットの罠」「毒 ポイズン」、ホラーなら「黒い森の記憶」「怪奇博物館」「滅びの庭」などが好きですね。
      ブログでも「おだやかな隣人」「充ち足りた悪漢たち」「魔女たちのたそがれ」を紹介しているので、良かったら見てみてください。
      一日も早い収束を願いつつ、お互い健康に気を付けましょう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください