はいくる

「機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト」 秋吉理香子

私は子どもの頃、夏休みや冬休みになると、飛行機で祖父母の家に遊びに行っていました。お祖父ちゃんやお祖母ちゃんと遊ぶのはもちろん楽しみでしたが、それと同じくらい、飛行機に乗ることも嬉しくて仕方なかったものです。電車やバスのように毎日乗れる乗り物とは違って、飛行機には何となく特別な雰囲気を感じていたんだと思います。

海を越えた土地同士を繋ぎ、ひとたび離陸すれば巨大な密室と化す飛行機。ミステリーの設定として、これほど魅力的なものはそうないのではないでしょうか。今回ご紹介するのは秋吉理香子さん『機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト』。空の旅を味わっている気分に浸れますよ。

スポンサーリンク

国際線の副操縦士としてデビューしたばかりの主人公・間宮。操縦士は、圧倒的なスキルと美貌で知られ、「アイス・クイーン」の異名を持つ女性パイロットの氷室翼だ。冷静沈着な氷室に怖気づきつつ職務に励む間宮だが、行く先々で様々な事件に遭遇する。飛行中の機内から消えた高価な指輪、パリでパワーストーンを手に入れた途端に起こる幸運の数々、モン・サン・ミシェルで起こった不可解な殺人、帰りの機内ではピアニストが原因不明の重病を発病し・・・・・出くわすトラブルを乗り越えて、飛行機は無事に帰国することができるのか!?

 

イヤミスの名手である秋吉理香子さんの作品にしては珍しく、なんとも軽妙でユーモア溢れる本作。主人公・間宮の「映画版第一作目のハリー・ポッターに似ている」というキャラクターからして、くすりと笑ってしまいます。物語は、間宮が国際線デビューを果たし、フランスから帰国するまでを四つの短編で描いています。

 

「氷の女王」・・・機内でのプロポーズに使われるはずだった指輪が消えた。もし盗難であるならば、飛行中である以上、犯人は乗務員と乗客の中にいる。身内を疑うことに心苦しさを覚えつつ、トラブルに対処しようとする間宮だが・・・・・

主人公の間宮、操縦士の氷室に加え、チャラそうに見えつつ腕も面倒見も良い第二機長の幸村、お嬢様チーフパーサーの多岐川など、主要登場人物が顔を揃えます。メインの指輪紛失事件自体はさらりと解決するものの、注目すべきは氷室の人となり。終盤、関係者に向けられた彼女の言葉にジーンとし、その裏にある真意を知った時はずっこけてしまいました。

 

「クリニャンクール事件」・・・パリの蚤の市で過ごした後、なぜか急に美女たちにモテ始めた間宮。まさか、ひょんなことから手に入れたパワーストーンのおかげ!?どぎまぎする間宮だが、次第に不穏な影がちらつき始め・・・・・

これまた謎自体はシンプルで、割と簡単に予想がつくと思います。ですが、トラベル小説としてはこれが一番面白い!活気に満ちたクリニャンクールの描写が生き生きとしていて、間宮たちと一緒に市場巡りをしている気分を味わえました。

 

「修道院の怪人」・・・モン・サン・ミシェルに出かけた間宮たち四人は、そこで日本人女性殺害事件に遭遇する。状況からして、犯人は居合わせた関係者の中にいる!一体それは誰?目撃者の言う、現場から消えた謎の男の正体とは?

作品の中で、これが一番ミステリーとしての色合いが濃かったと思います。「犯人はこの中にいる!」という、なんだか某高校生名探偵が出てきそうな展開に、推理小説ファンならばわくわくすること請け合い。修道院の独特のムードも素敵です。

 

「機上の疑惑」・・・日本に戻る機内で突如苦しみ始めた少女ピアニスト。対処しようにも、彼女の苦しみの原因が分からない。そこへ、彼女が同乗しているピアニスト仲間から何か飲まされた疑惑が浮上。果たして間宮らは少女を救うことができるのか。

いかにも秋吉理香子さんらしい、複雑な人間関係を感じさせる一作。いくらでもドロドロにできそうなところを、間宮ら愛すべきクルーが救ってくれています。氷室の間宮に対する「たわけ」という一言、好きだなぁ。

 

飛行シーンの描写がとても丁寧で臨場感あるなと思ったら、なんと作者のご両親とお姉さんがパイロット!正直、作中のどんな謎よりも、あとがきにあったこの事実にびっくりでした。それなら今後もたっぷり情報提供してもらえそうだし、ぜひともシリーズ化してほしいです。

 

パイロットに必要なのは技術だけ度☆☆☆☆☆

こんな名探偵機長に会ってみたい度★★★★☆

 

こんな人におすすめ

・ポップなユーモアミステリーが読みたい人

・お仕事小説が好きな人

スポンサーリンク

コメント

  1. しんくん より:

    秋吉理香子さん独特のイヤミス要素は少ないですが、女性機長の格好良い振る舞いが良かったです。秋吉理香子さんのご家族は航空関係の仕事に就いていたと聞きました。自分の体験談も入っているようでリアルさも感じました。各地の遺跡や街を舞台にしたミステリーも楽しかったです。

    1. ライオンまる より:

      ご家族に航空関係者がいるというだけあって、パイロットたちの様子に臨場感がありました。
      氷室さん、カッコ良かったですね!
      最後にはあの人との意外な関係が分かったし、今後もシリーズとして続いてほしいです。

コメントを残す


CAPTCHA