はいくる

「ドクター・デスの遺産」 中山七里

この世には、どれほど議論を尽くしても正解が出ないであろう問題があります。例えば死刑制度や少年犯罪への厳罰化。賛成派と反対派、どちらの言うことにも一理あり、是非を決めることは恐らくできないでしょう。

答えの出ない問題の筆頭格として、安楽死が挙げられます。自分自身、あるいは家族が不治の病にかかり、地獄の苦しみを味わっていたとしたら・・・安楽死を考えることは、果たして罪なのでしょうか。安楽死問題を扱った小説はたくさんありますが、今回は中山七里さん『ドクター・デスの遺産』を取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

「悪いお医者さんがお父さんを殺した」―――――警視庁にかかってきた少年からの通報。当初は悪戯と思われたその言葉が事実と知れた時、安楽死を請け負う謎の医者「ドクター・デス」の存在が浮かび上がる。繰り返されるドクター・デスの犯行と、それを追う捜査一課の刑事たち。やがてドクター・デスの正体が見えた時、刑事に突き付けられる「究極の選択」とは・・・・・

 

中山ワールドの人気キャラクター、犬養隼人刑事が主役を務めるシリーズ第四弾。他に、犬養の相棒・高千穂明日香や一筋縄ではいかない上司・麻生、柔和な後輩刑事・葛城などが登場し、相変わらず生き生きとした活躍ぶりを見せてくれます。

 

今回犬養が追うのは、苦しむ患者に安楽死を施す医者「ドクター・デス」。鮮やかな犯行手口で捜査陣になかなか尻尾を掴ませず、犬養が仕掛けた罠もあっさり見破る知能犯です。これまで食えない頭脳派というイメージだった犬養が翻弄され、いとも簡単に裏をかかれる様子には手に汗を握ってしまいました。

 

とはいえ、作中で一番目を引くのは警察と闇医者との頭脳戦ではありません。安楽死という答えの出ない問題に直面し、悩み苦しむ人間たちの葛藤が本作のメインテーマです。現代医学では救えず、苦痛に苛まれる患者を死なせることは罪なのか。本人も家族も安楽死を望み、ドクター・デスに心から感謝しているにも関わらず・・・・・上司の麻生が犬養に対して言う「今度の事件では、誰も不幸になっていない」という言葉が、この問題の複雑さを表していると思いました。

 

安楽死だけでなく終末医療や法の矛盾などに関する問題も取り上げており、読み応えは抜群です。犬養シリーズをずっと読んできた身としては、初登場『切り裂きジャックの告白』であれほどとんがっていた犬養の娘・沙耶香の成長ぶりも嬉しいですね。ぜひともこの本が多くの読者の目に触れ、安楽死問題について考えるきっかけとなってほしいものです。

 

この医者は犯罪者か、それとも・・・度★★★★★

またしてもラストで引っかけられた度★★★★☆

 

こんな人におすすめ

医療問題を扱ったミステリに興味がある人

スポンサーリンク

コメント

  1. しんくん より:

    犬養刑事と高千穂明日香のコンビ再びの作品でした。
    少年の悪戯電話としか思えないような通報から事件が発覚した経緯から、ドクターデスの主犯の複雑な経歴と警察の追及を予想した見事なトリックに感心しました。

    ドクターデスの残した言葉と安楽死についての意義が印象的でした。
    犬養の娘の成長も頼もしく思いました。

    1. ライオンまる より:

      毎度のことながら、中山さんには騙されっぱなしです。
      あと、ドクターデスの人相の「禿げ頭が目立ちすぎて、他の特徴が思い出せない」という描写が面白いなぁと思いました。
      今後も犬養親子にはどんどん作品に登場してほしいです。

コメントを残す


CAPTCHA